教育実習とは

教育実習とは、小、中、高等学校の教員免許を取得するために、それぞれの学校へ実習しに行く事です。取得したい免許の一種、二種の種類によって期間は、四週間、二週間と異なります。
小学校であれば、すべての科目の実習と子供と色々な活動をします。昼休みに一緒に遊んだり、怪我した子供を保健室へ連れて行ったりもします。

ちょうど野外活動などがある時期でしたら、一緒に参加できるかもしれません。中学校、高等学校となると、専門の科目の実習が主になります。
例えば、英語の教員免許を取得するのであれば、英語の専科の先生につき、指導してもらいます。その先生が担任を持っていると、もれなくそのクラスで過ごすことが多くなります。
ですが、基本は英語を教える事を学ぶことなので、専科の先生について色々なクラスへ行って授業を見学します。そして授業を行う体験をします。
教育実習は、教員になる人にとって、入社するであろう会社の見学と体験ができるまたとないチャンスです。いわば、会社の見学と面接も兼ねているものといえるかもしれません。
上司になるかもしれない教諭と一緒に活動します。また、生徒として見ていた職員室を違った角度から見られます。
そして何よりも子供達と触れ合うことができます。百聞は一見にしかずと言いますが、教壇に立ち、生徒達に勉強を教えるのはまたとない良い経験となります。
しかし、実習へ行く前には色々な下調べが必要です。なんせ、将来入社するかもしれない会社に実習へ行くのです。
心構えや礼儀などは学んでから行くべきです。教育実習の情報サイトを見てみると、役にたつ情報が沢山あります。
例えば、実習校へ実習のお願いをする方法やお礼状の出し方等、普通では知りえない情報が載っています。自分では常識と思っていたことが、実は違っていたなどどいうこともあるかもしれません。
現代は、一家に一台パソコンがあると言われています。それならばぜひ、教育実習の情報サイトを検索してみてください。